保全技能士 育成制度の特色

エイジェックロゴ

保全技能士育成制度の特色

メニュー認定訓練校

メニュー研修

メニュー実践型研修

メニュー自社工場

メニュー講師

メニュー認定訓練校

メニュー研修

メニュー実践型研修

メニュー自社工場

メニュー講師

保全技能士育成制度の特色

保全技能士育成制度の特色

保全技能士研修

設備保全として活躍できるレベル

エキスパートコース

画像-保全技能士研修

  • 保全技能士 基本コース 自主保全士2級相当
  • 保全技能士 応用コース 機械保全技能士3級相当
  • 検定試験集中対策コース 設備保全に関連する資格取得
  • 機械保全技能士(機械系・電気系・設備診断)
  • 電気工事士(第二種、第一種)
  • QC検定・自主保全士・生産士

保全技能士研修で目指す人材像

画像-保全技能士研修で目指す人材像

保全技能士育成制度の特色

1. 認定訓練校

画像-認定訓練校

都道府県知事より認可を受けた認定職業訓練校を運営しております。
全国に38校開校(7校認定申請中)

自宅でも学習できるようe-ラーニング研修も準備しております。
国家試験に基づいた試験対策も可能です。

※認定職業訓練とは?
事業主等の行う職業訓練のうち、教科、訓練期間、設備等について厚生労働省令で定める基準に適合して行われているものは、 申請により訓練基準に適合している旨の都道府県知事の認定を受けることができます。
この認定を受けた職業訓練を認定職業訓練といいます。 (職業能力開発促進法 第13条、第24条)

2. 研修メニュー

画像-研修メニュー

業種、職種別に職場で求められるスキルを棚卸し、教育体系図、研修カリキュラムを開発しています。

画像
画像
画像

3. 実践型研修

画像-実践型研修

小型FA装置を使用して、より実践に近い研修を行います。 国家資格検定で使用するシーケンス制御作業検定盤も準備しております。(自社製造)

配電盤電気配線作業

画像-配電盤電気配線作業

空気圧配管作業

画像-空気圧配管作業

製品クランプ位置精度調整

画像-製品クランプ位置精度

コンベアテンション調整

画像-コンベアテンション調整

4. 自社工場(長野工場)

画像-自社工場(長野工場)

研修で必要とされる機器、機材を自社で設計、開発、製造しております。 設計・開発・製造の一連の作業は社員研修の一環としております。 (製図・回路・加工・組立・配線・測定)

機構設計

機構設計

電気回路設計

電気回路設計

タッチパネル表示

タッチパネル表示

訓練装置組立

訓練装置組立

◆アトムとは = AToM = Agekke Training Original Machine

◆背景
①設備保全を習得するに当たり、一般的な従来の研修では、機械要素研修と電気研修では 使用する機材が違うために、一連の動作確認や双方の関連性の確認が出来ないため、理解度が 不足する傾向があった。

②生産機械での研修が理想であるが、製造計画への反映や研修後の効率低下が懸念され、敬遠する傾向がある。

③安全要素については、実物を見る、体験をする教育が最も効果的であるが、②同様に懸念され、座学教育が主である。

◆以上の理由から『機械要素』『電気要素』『油・空気圧要素』『安全要素』を組込んだ生産設備の 訓練専用機『アトム』を自社で設計開発製造しました。これにより実態に近い研修が行えます。 訓練専用機は、新入社員の安全教育から、保守メンテナンス、回路設計の技能士を目指す社員まで幅広い分野の教育が行えます。 また設計~開発~製造までの過程自体が、社員研修も兼ねております。 【PCシーケンス制御・3DCad・電気配線作業・治工具仕上・機械組立】

5. 講師

画像

経験豊富な専門講師が在籍しています。

※講師が所有している資格の一部
職業訓練指導員 (機械・電気・建築)
機械保全技能士 (機械系・電気系・設備診断)

資格取得講座

画像

設備保全に関連する資格取得を推奨しており、取得へ向け集中対策講座も設けております

2016年度 自主保全士2級試験 合格

画像

九貫 修瑛さん
手塚 直人さん
※新潟県 柏崎校修了生

2016年度実績

自主保全士2級 10名 合格

2017年度実績

自主保全1級 3名 合格
自主保全2級 271名 合格
機械保全3級 32名 合格

2018年度実績

自主保全1級 4名 合格
自主保全2級 226名 合格
機械保全3級 65名 合格

【お問合せ・ご相談】 048-648-2888

保全・技能事業部 渡部・久保 (エイジェック大宮オフィス)

E-mail : hozen@agekke-challenge.com

▲ページ先頭へ